トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  活動報告  >  平成25年度横浜市親と子の集いの広場事業新規運営団体に選ばれました☆

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPO法人設立にむけて | トップページへ戻る | 健康のために“エクササイズ”を!

x

このページのトップに戻る


平成25年度横浜市親と子の集いの広場事業新規運営団体に選ばれました☆

2013年02月12日

こんにちは、チームWITH代表の木下です。
本日は、皆様にお知らせがあります。
チームWITHはこのたび、平成25年度横浜市親と子のつどいの広場新規運営団体として選定されました。⇒選定結果(PDF)
これから開設準備を進めていき、
乳幼児の親子が気軽に集える地域の広場「WITH」を
4月下旬頃、青葉区黒須田エリアにオープン予定です。


親と子のつどいの広場とは?
主に0~3歳の子どもと保護者を対象に、親子が集い交流できる場を提供します。広場では、子育てに関する相談の実施や 地域の子育て関連情報の提供、子育てや子育て支援に関する講習等を実施します。横浜市青葉区には現在、3つの広場(ぴよぴよ、しえすた、はっぴぃ)があり、平成25年度に2つの広場がオープン予定です。
(参考URL)
http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/shien/kosodate/
tsudoinohiroba.html


昨年の11月に本事業の募集を知ってから、スタッフで名乗りを挙げるかどうかというところから話し合いを行いました。私自身は、親と子のつどいの広場“ぴよぴよ”(青葉区市が尾)を利用していたり、広場事業の運営に携わったことがありましたが、チームWITHのスタッフの多くは、広場利用の経験がなく、「マンションの一室に、遊びに来るのかな?」という疑問もありました。

そこで私達は、横浜子育て一万人フォーラム主催のシンポジウムに参加し勉強したり、NPO法人びーのびーの視察会で奥山理事長にお話を聞いたり、青葉区子育て支援拠点ラフールや親と子のつどいの広場“しえすた”、療育あおばを訪問するなどによって、自分達なりに「地域における広場の存在意義と役割」を理解し、チームWITHとして広場事業に挑戦しようと決めました。

申請に際しては、『広場に利用する物件を団体が探すこと』という難題もありましたが、理解ある不動産会社と巡り合え、広場に適した広さと立地の物件を見つけることもできました。申請書類の作成は、パパに子どもを託して土曜日にスタッフで集まり行いました。
12月に申請書を提出、今年1月のプレゼンテーションを経て、平成25年度の新規運営団体(応募17団体中6団体選定)に選ばれました。スタッフ一同、努力が実り大変喜んでいます。これから開設まで、短い期間でやるべきことが沢山ありますが、みんなの知恵と力を出し合いオープン初日を目指します♪

次年度は、エクササイズ事業「ママの健康輪づくり講座」も内容一新、新規エリア(こどもの国)でも講座開講します。どうぞ皆様、チームWITHを応援いただけますよう宜しくお願い致します!



NPO法人設立にむけて | トップページへ戻る | 健康のために“エクササイズ”を!

x

このページのトップに戻る


コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

主催講座・サイト


ままスポッと

親と子のつどいの広場WITH

ママの健康輪づくり講座

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。